放出監視システム GAA330-M
マリン用ガス赤外線

放出監視システム
放出監視システム
放出監視システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
放出, マリン用, ガス
技術
赤外線

詳細

GAA330-Mは、MARPOL Annex VIに規定されているガス汚染物質SO2、CO2、NOXを測定するために設計されたCEMシステムです。 GAA330-Mは、ECAの外側でも内部でも高硫黄燃料でも低硫黄燃料でも動作します。 ABBは、船舶が現在および今後の規制に準拠できるよう、適切なガス分析装置ポートフォリオを備えています。 GAA330-Mは、MARPOL要件に規定されているSO2/CO2比を報告するために赤外線光度計を使用します。 NOXは、最も実用的なアプローチである紫外線光度計(UV)で監視されます。 ABB光度計は、グローバル産業で100.000台以上の設置ベースで、最も過酷な条件下で最高の性能を発揮するように製造および設計されています。 データ システム特性 -モジュラーアナライザコンセプトのスタンドアロンキャビネット -標準測定ガス:SO2およびCO2 オプションの測定ガス:NOおよびNO2(NOX) -堅牢なサンプルプローブおよび加熱サンプルライン付属 -承認された測定技術と空気圧システム -デジタルイーサネットTCP/IPおよびOPCサーバを含む通信 ABBの利点 -グローバルABBサービス能力-支援と技術サポートが世界中で利用可能 -モジュラーコンセプト-将来の汚染物質のための新しい測定モジュールをいつでも追加可能 -信頼性の高い結果で簡単な操作 -リファレンスガスで満たされた内部キャリブレーションセルを備えたABBアナライザ - IMOマーポールアネックス14規格MEPC 177(58)(NTC)IMOマーポール別館 9 Res.MEPC 184(59)に準拠しています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABB Measurement & Analyticsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。