プロセス分析器 TALYS ASP500 series
監視用連続リアルタイム

プロセス分析器
プロセス分析器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

その他の特徴
監視用, 連続, リアルタイム, サンプリング, 制御, プロセス, FT-NIR, ライン用

詳細

TALYSは、バッチプロセスまたは連続プロセスのインライン監視および制御用に設計された、光ファイバベースの産業用 FT-NIRアナライザです。 シームレスな設置により、リアクタプロファイリング、プロセスのエンドポイントのリアルタイム決定、サイクルタイムの短縮、プロセスの特性評価、早期トラブルシューティングが可能になります。 最小限の設置面積と組み込みプロセッサ TALYS 設計は、従来のプロセス機器の実装に伴う複雑さと負担を最小限に抑えるために最適化されています。 このアナライザは、設置面積が最小限で、追加のエンクロージャを必要とせずに、安全な場所に棚に取り付けたり、壁面に取り付けたりすることができます。 リアルタイムのプロセス測定は、プロセスサンプリングインターフェースに接続された光ファイバを介して行われます。 TALYSは柔軟で、さまざまなタイプの挿入プローブやフロースルーセルをサポートし、さまざまなタイプのプロセス(流体または固体)の遠隔地でのリアルタイム測定が可能です。 TALYS ASP500シリーズは組み込みプロセッサを備えているため、プラントITサービスによって外部コンピュータを供給、承認、または定期的にアップグレードする必要はありません。 この装置は、リアルタイムのプロセスアプリケーションを実行することを目的としています。 さらに、特別な「サンプルグラブ」ユーティリティを使用すると、キャリブレーションモデルの開発段階でオフラインでスペクトル取得を行うこともできます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABB Measurement & Analyticsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。