酸素分析器 Endura AZ25
燃焼その場監視用

酸素分析器
酸素分析器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定物
酸素
測定
燃焼
設定
その場
その他の特徴
監視用, 高温

詳細

Endura AZ25は、600℃以上の高温用途向けに設計されたin situ燃焼ガス酸素分析装置システムです。 酸化ジルコニウムセルをベースにしたセンサは、炉または煙道ダクトに挿入されるプローブの先端に取り付けられています。 その場での直接測定により、燃焼最適化、プロセス制御、炉雰囲気モニタリングのための正確かつ迅速な酸素読み取りが可能になります。 データ 実証済みの設計と精密製造 — 1400 °C (1292 °F) までのプロセス温度に対応する堅牢で長寿命のプローブ — 安定して正確な酸素測定 自動校正システム — テストガスシーケンス、流量、テストガス検出を制御します。 プローブ長 1250 mm (49 インチ) と保護シース材の選択 — アプリケーション条件に合わせて 構成可能業界標準のフランジ — インストールを簡素化高度なトランスミッタ — 容易な構成、監視、直感的なHMI — HART通信 — セルパフォーマンスログと診断

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABB Measurement & Analyticsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。