信号アンプ 6411H
調整差動幅広バンド式

信号アンプ
信号アンプ
信号アンプ
信号アンプ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
信号
機能
調整, 差動
その他の特徴
幅広バンド式, 歪利用張力計, 4 チャンネル式
電圧

最大: 10 V

最少: 0.5 V

周波

最大: 100,000 Hz

最少: 10 Hz

詳細

6411Hシグナルコンディショニングシステムは、最も過酷な使用環境において、ストレインゲージやトランスデューサの入力をダイナミックに正確にコンディショニングするために必要な機能をすべて備えています。 6411Hシグナルコンディショニングとアンプの低レベルの信号から高レベルの出力を複数のチャンネルに対して同時に、かつダイナミックに記録し、外部機器に表示することができます。 アプリケーション 動的材料試験 ひずみ・応力解析 動的材料弾性試験 SHPBシグナルコンディショニング ロードセルのシグナルコンディショニング 箔ひずみゲージのシグナルコンディショニング ピエゾ抵抗センサのシグナルコンディショニング 半導体ストレインゲージのシグナルコンディショニング 特徴 - 200k Hzまでの高帯域幅を持つ差動信号増幅器 - ゲイン精度±0.1%。 - ゲインステップ:1,2,5,10,20,50,100,200,500,1000,2000~5000(ロータリースイッチによる - ゲイン直線性 0.01 - ゲイン直線性 0.01% - 1~5,000までの完全校正済みゲイン - モジュールあたり4チャネル - フォイルタイプのストレインゲージ,ピエゾ抵抗,ポテンショメータなどが使用できます。 - ブリッジステップ励磁(16ビット):0.5~10Vを選択可能 - プラグインアンプ - 自動ブリッジバランス、EEROMによる無電源状態でのバランス保持 - 120Ω,1000Ω,350Ωダミーを含むすべてのブリッジ・コンプリートを内蔵。 - シャント校正回路を内蔵 - 遮断周波数が10Hz,30Hz,50Hz~100kHz,広帯域(14ポジション)の4極ベッセル・ローパス・フィルタを内蔵。 - フィルタの種類やカットオフ周波数の変更が可能です。 - フロントパネルでのモニタリングオートバランス状態

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Advance Instrument Inc.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。