光学選別機 MSORT NIR
自動ガラス用産業用

光学選別機
光学選別機
光学選別機
光学選別機
光学選別機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
光学
操作方法
自動
用途
ガラス用
応用
産業用, プロセス
硬化速度
高速

詳細

特徴 新しいMSort NIR選別機は、近赤外技術を使用して、同じ外観で化学組成が異なるバルク材料を確実に分離します。これにより、ガラスリサイクルにおけるプラスチックの分離など、光学選別限界を超えた作業を実現できます。長石、石英、白大理石、タルクなどの他の材料も、新技術で確実に分離することができます。 機能 MSort NIR は、近赤外分光法を使用して物質を物理的に分析します。この方法では、860-1700nmの近赤外域 (NIR) の電磁放射によって分子が振動する。NIR 技術により、特定の赤外スペクトルによって材料を一意に識別できます。 ソートプロセスの開始時に、材料フローは自由落下でシュートを通って近赤外カメラを通過します。カメラの解像度は、作業幅1,200 mmで4 x 4 mmで、スペクトル解像度は1ピクセルあたり最大255データポイントです。毎秒約10,000粒子を記録できます。この高性能カメラは、個々の粒子を一意に識別し、画像を分析することを可能にします。特殊なソフトウェアは、画像を分析し、1 秒の分数で、粒子を分類する必要があるかどうかを決定します。その後、バルク材料は圧縮空気ノズルのストリップを通過し、事前に定義された粒子は、空気制御された非常に高速作動高性能バルブから圧縮空気パルスで吹き飛ばされます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Allgaierの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。