X線散乱ナノサイズ粒子分析器 SAXSpoint 5.0
研究室用

X線散乱ナノサイズ粒子分析器
X線散乱ナノサイズ粒子分析器
X線散乱ナノサイズ粒子分析器
X線散乱ナノサイズ粒子分析器
X線散乱ナノサイズ粒子分析器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
X線散乱
応用
研究室用

詳細

シンクロトロンレベルに近いナノ構造材料の無制限な分析 SAXSpoint 2.0は、ラボにおけるナノ構造のSAXS/WAXS/GISAXS分析のパートナーです。ナノスケールでの材料の特性と相互作用の挙動を非破壊的かつ簡単に調査できます。これは異方性の材料と、ほぼ全ての材料のナノオーダーの表面構造の分析に適しており、粒子サイズ、サイズ分布、形状、構造変化、運動状態を測定できます。強力なソフトウェアパッケージにより自動での操作とデータ分析が可能です。製品の最新情報、オプション、カスタムソリューションの詳細については、直接お問い合わせください。 主な機能 専用のポイントコリメーションおよびHPC検出器による優れた結果 SAXSpoint 2.0は寄生散乱が極限まで低減された鮮明なX線ビームのコリメーションを採用しています。この装置は非常に高輝度なメタルジェットX線源またはコストパフォーマンスに優れるマイクロフォーカスX線源とカスタマイズされた高精度光学系を備えており、優れた結果を数分で出力します。最新のハイブリッド光子計数(HPC)検出器との組み合わせにより、短い測定時間で高品質のSAXS/WAXS/GISAXS結果が得られ、様々なナノ構造材料の分析を可能にします。この優れたセットアップにより極めて高い解像度が達成され、310 nmまでの構造の分解能を提供します。 ラボでの日常業務を簡素化: TrueFocusおよびStagemaster SAXSpoint 2.0ラボ向けシステムでは、スムーズな測定に必要なルーティン作業が標準で自動化されています。TrueFocusは、全ての光学部品とサンプルステージの精密な自動調整をボタン1つで行います。 Stagemasterは実行中のステージを自動認識し、それに応じてシステムを構成するため、TrueFocusとの併用で、測定システムにおける最高の結果を実現します。分散などの液体サンプルおよび生体試料用のASXオートサンプラーでサンプルスループットを自動化します。ASXオートサンプラーには192個までのサンプルを装備でき、室温で不安定なサンプルについては冷却オプションがあります。
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。