直角保護用ベロー Connected­Cover
プラスチック製大型サイズ伸縮自在

直角保護用ベロー
直角保護用ベロー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
直角
素材
プラスチック製
構造
伸縮自在, 大型サイズ

詳細

保護カバーシステムに組み込まれたセンサー技術により、実負荷に関するより正確なデータが提供されます。その結果、お客様にとって多くの利点が生まれます。 保護カバー、伸縮式カバー、ベローズへの感覚的な状態監視の導入 ベローズの摩耗や損傷の度合い(例:ストローク数、顕著な振動)に関するライブ情報により、必要な修理や交換について早期にオペレータに通知することができます。 「Connected Cover」は、機械の予定外のダウンタイムを減らし、メンテナンス間隔の計画を改善するための重要な手段となり得ます。 無人運転中の遠隔監視 加速度センサー:例えば、ストロークを分類・定量化し、摩耗の程度を判断するため。 圧力センサー:例えば、ベローズ内に異物がある場合、洗浄の必要性を示すことができます。 温度センサー:例えば、限界値を超えたことによるプラスチック部品の損傷の可能性を示す。 振動センサー:例:潤滑油の必要性を示す。 アルノ・アーノルドは、数十年にわたり、インテリジェントな通信保護システムの開発に取り組んできました。その結果、1985年に「検出器一体型ベローズ」の特許を初めて出願し、1993年に特許(DE 35 32 702)が認められました。 現在では多数のセンサーが利用できるため、当時の先駆的な成果をIOT対応にしています。完全にネットワーク化され、無人化された未来の生産現場では、独立してセルフオーダーできる保護カバーがなじむことでしょう。 結果が出るかどうかを決めるのはあなたです 機械制御システムに表示する ローカルネットワークに接続 クラウドで利用する

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Arno Arnold GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。