ねじり試験機 NJS-S series
切断疲労延性

ねじり試験機
ねじり試験機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

試験の種類
疲労, 切断, ねじり, 延性
操作方法
手動
試験済製品
素材用
技術
機械式

詳細

ねじり試験は、材料またはテスト構成部品を指定した角度まで、指定した力で、または材料がねじれで故障するまで、ねじり試験を行います。 ねじり試験のねじり力は、一方の端を固定することによって試験サンプルに適用されます。これにより、一方の端を移動または回転させたり、もう一方の端にモーメントを適用して、サンプルがその軸を中心に回転します。 回転モーメントはサンプルの両端にも適用できますが、両端は反対方向に回転する必要があります。 この試験で見られる力と力学は、一方の端が手で保持され、他方の端が他方の端がねじれている弦の部分に見られる力と力学と似ています。 ねじり試験の目的: ねじり 試験の目的は、軸周りのせん断応力を引き起こす適用モーメントの結果として、ねじりまたはねじり力の下で材料または試験サンプルが示す挙動を決定することです。 測定可能な値には、せん断弾性率、降伏せん断強度、ねじり疲労寿命、延性、最大せん断強度、せん断断断弾性率などがあります。 これらの値は類似していますが、引張試験で測定した値と同じではありません。また、サービス条件をシミュレートし、製品の品質と設計を確認し、正しく製造されたことを確認するために使用されるため、製造において重要です。 ねじり試験の種類: ねじり試験が 行う3つの一般的な形態には、故障、証明、および操作性が含まれます。 故障のねじり試験では、試料が壊れるまでねじれて、試料の強度を測定するように設計されている必要があります。 プルーフ試験は、指定されたトルク荷重の下で一定の期間にわたって材料を観察するように設計されています。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。