焼成用炉 M 110
チャンバー電動研究室用

焼成用炉
焼成用炉
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
焼成用
形状
チャンバー
熱源
電動
その他の特徴
研究室用, 圧力
温度

最少: 300 °C (572 °F)

最大: 1,100 °C (2,012 °F)

詳細

ブラベンダーマッフル炉 M110は、主に様々な穀物製品の灰を改造するためのものです。 灰は、試料の不燃性残留物として残っている鉱物の測定です。 その温度は、その実装に応じて300 ℃ まで1100 ℃ に設定することができます。 そのコンセプトは、物質をルツブルに計量することを中心に展開します。 その後、物質はマッフル炉に入れられます。 その後、灰が運ばれます。 残留物が白色または白色に近い場合は、プロセス全体が完了したと見なされます。 灰成分が乾燥物質であることを示す場合、サンプルの水分含有量は別のシート上で変更されます。 炉は、無線干渉抑圧と統合されています。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。