分析炉 CFM series
コークス反応性試験用チャンバーガス

分析炉
分析炉
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
分析, コークス反応性試験用
形状
チャンバー
熱源
ガス
雰囲気
水素
温度

最少: 1,100 °C (2,012 °F)

最大: 1,400 °C (2,552 °F)

詳細

CFM-燃焼チューブ炉は、石炭やコークスの炭素及び水素の含有量を測定するためにデザインされた製品です。 本製品は下記の試験法に準拠しています。 BS 1016-106.1.2:1996 BS 1016-106.2:1997 ASTM D3177-02(2007) ISO 351:1996 ISO 609:1996 CFM12では1200℃まで、CFM 14では1400まで連続運転できます。 標準仕様 Maximum operating temperatures 1200°C and 1400°C 標準仕様の温調器は、PID制御301型です。設定温度、昇温速度、設定温度での維持時間を調整することが可能です。 石炭やコークスにおける硫黄・塩素・水素・炭素の測定

カタログ

この商品のカタログはありません。

Carbolite Geroの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。