対火反応試験用ベンチ POLYNORME 504
自動モーター式コンピュータ制御

対火反応試験用ベンチ
対火反応試験用ベンチ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

試験の種類
対火反応
操作方法
自動, モーター式, コンピュータ制御
試験製品
素材用
部門
研究所用, 産業用
技術

詳細

難燃性・伝播性試験装置。 型式:PolyNorme 504。 NF P 92-504に基づく難燃性試験は、建築・設備用材料のM分類のための火災に対する反応補足試験です。 この試験は、主試験(NF P 92-503による電気バーナー試験、またはNF P 92-501によるエピラジエーターキャビネットでの放射線試験)中に炎症を起こさず、または短時間の炎症で穴を開けるあらゆる厚さの柔軟および硬質材料に使用されます。この場合、難燃性試験が材料のM分類の決定試験となる。 原則として、バーナー消火後の難燃性がなければ、M1分類となります。 バーナー離脱後の難燃性がある場合、M2 または M3 に分類されます。 炎症がある場合、または滴下しない場合は、滴下試験(NF P 92-505)を実施します。 難燃性試験と同じ装置、同じサイズの試験片で火炎伝播試験を実施し、あらゆる厚さの柔軟および硬質材料のM4分類に使用します。 主試験または難燃性試験の終了時にM1、M2、M3カテゴリのいずれにも分類されず、かつ火炎伝播試験中に長さ250mmで秒速2mm以下の連続火炎伝播が認められた場合、その材料はM4と分類されます。 2mm/sec以下の速度で、長さ250mmを連続的に伝播した場合。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Cefem Groupの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。