衝撃性テスト用機器 KRD11-100
自動コンピュータ制御梱包用

衝撃性テスト用機器
衝撃性テスト用機器
衝撃性テスト用機器
衝撃性テスト用機器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

試験の種類
衝撃性
操作方法
自動, コンピュータ制御
試験製品
梱包用
部門
エレクトロニクス産業用
技術
空気圧
設定
縦向き

詳細

KRD11シリーズ空気式垂直衝撃/バンプテストシステムは、先進的なデザイン、高度な自動化と信頼性、簡単な操作と便利なメンテナンスを特徴としています。このシステムは、衝撃テストと衝突テストの両方の要件を満たし、従来の半正弦波、ピーク後の鋸歯状波、方形波および他の波形の衝撃テストを行うことができます。 特徴 1.空圧駆動、シンプルな構造、高い信頼性 2.無公害で、油圧漏れのリスクがなく、環境をクリーンに保つことができます。 3.衝撃試験の効率が大幅に向上し、最大衝撃回数は120回/分に達します。 4.大きなパルス幅と小さな過負荷試験を容易に実現できます。 5.モーターや油圧駆動のコリジョンテーブルに比べて衝撃速度が速いため、信頼性が高く、衝突波形も良好です。 6.ガス圧を調整することで、衝撃の速さや速度を簡単にコントロールすることができます。 7.KRD90シリーズは、マニュアルショック、連続ショック、シングルショック、インターバルショックを行うことができます。 8.ブレーキ機構を内蔵しているので、どんな状況でも安全に操作できます。 技術的な仕様 定格荷重(kg):100 テーブルサイズ(mm):600×600 ピーク時の加速度(ピーク加速度(g):ハーフサイン 10~600 ポストピーク ノコギリヤシ 10~200 トラペゾイド 15~200 パルス持続時間(ms):正弦半波 2~60 ピーク後ノコギリ波 3~18 トラペゾイド 3~18 バンプ波形半正弦波 バンプピーク加速度(g): 5~100 バンプパルス時間(ms): 3~30 最大バンプ回数(回/分):10~120回 全体の寸法(mm):1700×1500×2300 重量(kg):2500

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

CME Technology Co., Ltd.の全カタログを見る

CME Technology Co., Ltd.のその他の関連商品

Shock / Bump Test System

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。