誘導型近接センサ / 輪形 / 入換機能付き / プラスチック製

{{requestButtons}}

特徴

  • 技術:

    誘導型

  • 形状:

    輪形

  • 出力シグナル:

    入換機能付き

  • その他の特徴:

    プラスチック製, 小型

  • 測定範囲:

    14 mm

詳細

ルーブセンサと誘導性リングは、特に自動供給システムに関する場合、金属部品の検出に最適なソリューションです。 これらのセンサは高解像度で、主に部品の検出と詰め込み制御に適用される短い応答時間で提供されます。 誘導型リングセンサは、さらに高い分解能で動的評価を備え、すべての小さな部品を検出することができます。

高分解能デバイスは、特に金属含有コンタミネーションやジソリックワイヤブレーク・センサなどの周囲条件が変化した場合に安定しており、アクティブな検出ゾーンでワイヤを検出する必要がある静的機能が使用されます。 静的および動的な動作原理に基づくワイヤブレーク・センサーとリング・センサーと、応答時間の短いことは、他の重要な利点です。 金属コネクタ、汚れに対する感受性および高い保護クラスは他の利点です。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)