パイロット式電磁弁 160
2方向NCプラスチック製

パイロット式電磁弁
パイロット式電磁弁
パイロット式電磁弁
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作
パイロット式
ポ-ト/ポジション
2方向
機能
NC
本体
プラスチック製
その他の特徴
高速, ダイアフラム
温度

50 °C (122 °F)

圧力

最大: 6 bar (87 psi)

最少: 0.3 bar (4.4 psi)

DN

最大: 50 mm (1.969 in)

最少: 15 mm (0.591 in)

電圧

24 V, 230 V

詳細

• 高速通信速度 • 絶縁ダイヤフラムで密閉された中央チューブ • 圧縮空気供給ラインに依存しない • システムの設計は、その完璧な動作を保証するために最低限の改修圧力 0.3バールが必要です。 • パイロット操作。 • DN15から50までの直径 • 調整範囲:0.3 最大 6バー ル • PVC、PP、PTFE 材料 • 特殊 FKMシール、PTFEシート 機能 • 電流なし(NC) • パイロット操作 弁の機能 • 静止位置では、液圧は 膜の上部のサーボドライブ(2)、バルブが閉じられている。 • 接続中、パイロットバルブが最初に開かれます。つまり、マグネットフレームと取り付けられたパイロット膜(5)が上がり、バルブ出口に放電穴が開きます。 これにより膜(2)の上に減圧が生じ、流体の圧力によってバルブが開く。 • パイロットバルブでは、液体充填(標準:シリコーンオイル)がスプリング(11)の閉鎖効果をサポートします。 パイロット膜(5)は、流体を磁気フレーム(10)または大気から確実に分離する。 サーボドリルを清掃するために、ユニオンナット(8)を緩めた後、パイロットバルブを簡単に取り外すことができます。 磁石はブラインドナット(15)で固定されています。 バルブ本体の前で360° 自由に回転できます。 • タイプ160ソレノイドバルブは、特に外部の機械的影響に関して頑丈な固体プラスチック構造を特徴としています。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。