流量試験装置 INTEGRA DF1/DFM
自動PLC制御産業用

流量試験装置
流量試験装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

試験の種類
流量
操作方法
自動, PLC制御
部門
産業用
技術
差圧
設定
卓上

詳細

フローテストにも対応するクラシックタイプ。 当社の流量試験装置のベストセラー - 体積流量法による流量試験(INTEGRA DF1) - マスフロー法によるフローテスト(INTEGRA DFM) - フルグラフィック・カラーディスプレイ - 最大で3つの独立した試験回路を実行可能 - 255のテストプログラムを保存可能 - 交換可能なバス・カップリング・モジュールによるコミュニケーション 流量試験装置は、充填量が非常に多く、許容される漏れ率が中程度から大きい部品の試験に特に適しています。特にエキゾーストシステムやその他の大きなシートメタルケースの製造には、この装置が使用されています。 しかし、パスの制御や、チューブやチャネルの不要な制限を確認するためにも、当社のフローデバイスは、広い測定範囲で優れた可能性を提供します。 また、メンブレンやフィルターのような空気透過性材料の検査にも使用されています。 フロー法では、試験品は大口径のバイパスパイプを介して充填されます。充填プロセスの終了時には、バイパスバルブが閉じられます。テストピースから排出された空気は、フローセンサーに導かれます。調整可能な安定期間の後、測定された流量が評価されます。 測定には、マスフローセンサー(質量流量測定)または差圧トランスミッター付き層流エレメント(体積流量)が使用されます。 質量流量測定では、加熱された測定流路の入力と出力の間の気流の温度差を測定します。 体積流量測定では、層流中の圧力差が流量の測定値となります。 流れの測定値となります。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Dr. Wiesnerの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。