アニーリング炉
マッフル燃焼連続

アニーリング炉
アニーリング炉
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

機能
アニーリング
形状
マッフル
熱源
燃焼
その他の特徴
連続, スチール用

詳細

鉄鋼業界のための熱処理炉 設備継続的なストリップアニアニーリングラインを使用して 、無コーティングおよびコーティング鋼ストリップ柔軟かつ革新的なソリューションのための連続アニーリング設備。 これらの炉は、亜鉛メッキライン(CGL)および連続アニーリングライン(CAL)で使用され、放射管加熱またはマッフルでガス焼成することができます。 EBNERは、特許取得済みのHICON® ジェットクーラーなど、アニーリング炉とクーラーの両方について、確立された技術が改良されています。 すべての炉タイプは、EBNERによって製造または承認されたコンポーネントのみを備えています。 これには、バーナー、放射管、燃焼システム用制御バルブ、マフルの耐熱材料、ホットブライドル、絶縁材などが含まれます。 用途: 最大2100mm幅の自動車用鋼帯用連続亜鉛メッキライン(CGL)用炉 連続焼鈍ライン(CAL)最大2100mm幅の自動車用鋼ストリップ 金属コーティングストリップ用連続アニーリングライン(CAL) ミニCAL(水平)深絞りグレード、多相鋼および特殊グレードを アニールする1つのアニーリングライン-3つの技術 再結晶 デュアルフェーズサイクル 正規化 水素冷却技術により、多相鋼およびIFグレードの熱処理中に100~150K/sの冷却勾配が達成されます。 白物製品、電気、自動車産業のさまざまな用途に対応できる最大幅800mmのストリップは、最大1.3t/hのスループットで水平施設でアニールできます。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。