融解炉
鋳込再溶解鋳造

融解炉
融解炉
融解炉
融解炉
融解炉
融解炉
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
融解, 鋳込, 再溶解, 鋳造, スラグ再融解用
形状
チャンバー
熱源
誘導, 電気アーク
雰囲気
真空, 制御空気下, 空気循環, 不活性ガス, 窒素加工, 水素
その他の特徴
高温, ファウンドリー用, 研究室用, 冶金, 航空用, 材料試験機, 鋼片用, 貴金属用, 非鉄金属用, アルミニウム用, スチール用, 鋳塊, 押し型用, 銅用
容量

最大: 10 l (2.6 gal)

最少: 0.1 l (0 gal)

温度

最大: 3,000 °C (5,432 °F)

1,800 °C (3,272 °F)

最少: 750 °C (1,382 °F)

詳細

ECM Technologiesの誘導溶融炉は、処理量の削減に適応されています。 金属合金、ガラス、シリカ、その他の高温範囲を必要とする酸化材料を溶融するための最新技術をお楽しみください。 この炉は、研究所や研究開発センター向けに設計されていますが、小規模生産のための工業用にも適合しています。 そのコンパクトな設計のおかげで、0,2Kgから80Kgまでの負荷に対応する0,03Lから10Lまでの体積の材料を精緻化することができます。 そのコンパクトなデザインは、その汎用性に影響しません。 実際、VIM 炉と同様に、実験炉はチタン、アルミニウム、スチール、ジルコニウムを処理することができます。 酸化物や他の耐火材料などの他の材料は、必要に応じて処理することができます。 実験炉は、750 ℃ と3000 ℃ の間で構成される動作温度で合金や金属を溶融するように設計されています。 また、この炉は、各クライアントのニーズに応じてモジュラーでスケーラブルです。 ECM Technologiesの技術的な専門知識により、お客様のニーズに合ったカスタマイズされた技術ソリューションでお客様をサポートします。 最後に、炉の進化的な構成は、研究所の投資プログラムに従うことを可能にし、リソースとニーズに応じて設置を適応させる。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ECM Technologiesの全カタログを見る

ECM Technologiesのその他の関連商品

ECM Technologies - Induction & Melting Furnaces

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。