光化学プロセス用リアクター CPVC
化学UV用製薬産業用

光化学プロセス用リアクター
光化学プロセス用リアクター
光化学プロセス用リアクター
光化学プロセス用リアクター
光化学プロセス用リアクター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
化学, UV用
応用
光化学プロセス用, 製薬産業用
設定
固定型
その他の特徴
ステンレススチール製, 撹拌タンク, ATEX, 安全, 底攪拌, エナメル

詳細

EKATOの攪拌光反応器は光のエネルギーと高度な攪拌技術による合成を可能にし、反応器内の高い循環速度を保証します。 この新しい攪拌反応器のコンセプトは、液体、気体、固体が関与する多相反応に最適です。 高い生産性と柔軟性を、浸漬光源の安全な操作と組み合わせています。 この実証済みの設計により、最大50m³のリアクターが実現され、スペシャリストによる安全なスケールアップにより、リアクターのサイズをさらに拡大できます。 光源はATEX認定の水銀灯またはLEDランプモジュールであり、協力パートナーであるPeschl Ultraviolet GmbH(工業用UV光源の分野における世界的な専門家)と共同開発をしております。 UVライトモジュールは、石英ガラス製の保護チューブに収納されており、容器の上部にあるノズルから挿入され、電源と冷却システムを接続しております。 これらのUV液浸ランプの出力は5〜60kWです。 したがってガラス管内の冷却が必要になります。冷却をしない場合は敏感な分子が高い表面温度によって損傷する可能性があります。 工業用反応器には、このようなガラス管が4〜20本装備されています。 光源を備えたガラス管は、攪拌容器内で水圧および熱負荷にさらされます。 この場合の特定課題は、反応器へのUV浸漬ランプの確実な取り付けです。 EKATOが開発し特許を取得した特別なホルダーは、どのような動作条件でも、コンポーネントに許容できない応力や振動が発生しないようにします。 危険な反応物は、万が一ガラスが破損した場合でも即座に検出され、電気接続や冷却によって外部に到達することはありません。 EKATOのテクニカルセンターでは、これらの設計の信頼性がテストによって調査され、多くの運用上の割り当てで包括的に確認されています。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。