DC分電盤

DC分電盤
DC分電盤
DC分電盤
DC分電盤
DC分電盤
DC分電盤
DC分電盤
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

オプション
DC

詳細

DCボード(DCB)は、電池または整流器充電器(RC)から、駅や変電所の補助システムのすべての動作モードにおいて、DC消費者(リレー保護および自動化装置、マイクロプロセッサ保護端子、高電圧スイッチの駆動装置など)に無停電で電力を供給するように設計されています。ボードは、JSC "FGC UES" SO 153-34.20.122-2006 "35-750kVの高電圧のプロセスエンジニアリング規格 "の規格に完全に準拠しています。 DCB構成 機能的には、電源部、警報装置、絶縁監視装置、電圧品質管理装置、監視・状態記録装置で構成されています。 直流基板電源部 電源部には、電源回路のスイッチング装置や保護装置、ケーブル接続部、内部電源接続部(基板内部で配電の主な機能を果たす装置)などがあります。 直流基板アラームシステム このアラームシステムは、DCBの主な動作モードにおける機器の状態を視覚的に監視するための柔軟な技術的ソリューションであり、あらゆる顧客のニーズを満たすために多くのバージョンが用意されています。 フィーダ絶縁監視システム 絶縁制御はボードの最も重要な機能の一つで、このような問題を解決するために設計されたボードにハイテク機器を導入することで自動的に実行されます。Bender社とSchneider Electric社の制御システムでは、発信線の絶縁状態を継続的に監視し、必要に応じてその削減を警告することができます。 電圧品質管理システム DCBは消費者間で直流電圧を分配するため、電圧とそのパラメータを制御する必要があります。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ENELT Group Co. Ltd.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。