モーター式マイクロマニピュレーター TransferMan® 4r

モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
モーター式マイクロマニピュレーター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

特性
モーター式

詳細

細胞のマニピュレーションを首尾よく行うためには、正確で迅速なサンプル処理が要求されます。Eppendorfの新しいフラッグシップとなるTransferMan® 4rは、微小対象物の微細作業においてユーザーニーズを満たすため、最適な結果が得られるよう設計されたマイクロマニピュレータです。細胞のマイクロマニピュレータに関する完全なポートフォリオを備えた、多様な関連アプリケーションに対応できる理想的なシステムです。 使い易いTransferMan 4rは、人間工学と革新的なデザインを組み合わせることで、微細操作におけるほとんどの要件を満たしています。改良された原点へのセミオートマチック復帰機能やポジションの保存など、スマートな機能により、非常に複雑なマイクロマニピュレーションメソッドでも簡単、迅速に行うことができます。DualSpeed™ジョイスティックにより、3次元全てにおいて正確で直感的な注入動作が可能になり、動的モードでの駆動がより長い距離をカバーしサンプル処理を迅速にします。これは、卵母細胞、初期胚、幹細胞移植、微粒子のマニピュレーションやヒト以外生殖生物学の各種のアプリケーションに最適です。アプリケーション固有のユーザープロフィールは、4つの定義済みアプリケーションマスク(例:細胞のトランスファー、DNAインジェクションなど)から選択でき、個々のワークフロープロセスをシンプルにします。特定の個別のニーズに従って、自由にプログラム可能な「My app」マスクを最適化することができます。TransferMan 4rは研究専門です。 抜群の動作直接搬送が全方向に可能で「実時体験」そのもの。 特徴 • ユニークなDualSpeed™ジョイスティックで正確で即時の動作制御 • 最大の安定性が、振動なしの動作を保証 • 全3軸(X/Y/Z)動作と軸方向(X/Z)にジョイスティック1本で対応 • 0°から90°までの角度調整 • カピラリと角度の調整が片手で可能 • Z軸の下限値のプログラムによるカピラリの破損防止 • Eppendorf PiezoXpert®と電子式マイクロインジェクターとの接続FemtoJet® 4i/4x • 従来型のすべての顕微鏡に適合可能 • リモートコントロール用のPCインターフェース アプリケーション • 卵母細胞と初期胚のマイクロマニピュレーション • ESとiPS細胞の移送 • 核のトランスファー • 前核および細胞質注入(CRISPR/Cas、TALEN) • 個別の細胞の選択(例:生検、単一細胞採取) • 微粒子のポジショニングと選択 • 染色体などのマイクロダイセクション • 3D原形質類器官へのマイクロ注入

ビデオ

カタログ

Catalog 2020/21
Catalog 2020/21
244 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。