1. 検出・測定
  2. 温度計・湿度計
  3. 熱電対
  4. Fischer Mess- und Regeltechnik

熱電対 TT31
ねじ込み液体用ガス用

熱電対
熱電対
熱電対
熱電対
熱電対
熱電対
熱電対
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
熱電
取り付け
ねじ込み
応用
液体用, ガス用
温度域

最大: 600 °C (1,112 °F)

最少: -50 °C (-58 °F)

詳細

tt31 熱電対、ねじ込み式 重要な特徴。 熱電対は、以下のような特徴を持っており、多くの分野で使用することができます。 - 費用対効果の高い測定原理 - 簡単な信号処理 - 測定点からの距離が大きくても使用可能(送信機) - 熱電対には2つの測定要素を装備することができます。 - 簡単交換 構造と動作 熱電対は、異なる材料から作られ、端(測定点)で互いに接続されている2つの電気伝導体から構成されています。基準接合部で発生する熱電ポテンシャルは、熱電対線の材質と測定点と反射接合部の温度差に依存します。参照接合部の温度は一定に保つ必要があります。これが不可能な場合は、サーモワイヤーを補償線で延長することができます。補償ケーブルは、関連する熱電対の熱電ポテンシャルを損失なく200℃まで伝達します。このデータシートに記載されているねじ込み式熱電対の構造はDIN 43770およびDIN 43771に対応しています。 標準機能 - 保護チューブはDIN 43772に準拠しています。 - 接続ヘッドはDIN 43729に準拠しています。 - DIN 43735に準拠した交換可能な測定用インセット ba-sic値および限界値の表記については、本データシートの最後を参照してください。 保護チューブはねじ込み式です。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。