面積式流量計 FMIPL- BPRM-100
容積式差圧差圧式

面積式流量計
面積式流量計
面積式流量計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
面積式, 容積式, 差圧, 差圧式
測定流体
液体用, 気体用
その他の特徴
精密, 双方向
応用
産業用, 低流量用, 製薬産業用, 水処理用, 食品産業用
圧力

最少: 1 bar (14.5 psi)

最大: 25 bar (362.59 psi)

温度

最少: 10 °C (50 °F)

最大: 121 °C (250 °F)

体積流量

最少: 7 m³/h (247.2 ft³/h)

最大: 30,000 m³/h (1,059,440 ft³/h)

詳細

バイパス流量計は、メインラインオリフィスプレート、オリフィスフランジまたはキャリアリングのセット、流量計、レンジオリフィス、アイソレーションバルブ付きバイパス配管で構成されています。 i)メインラインオリフィスプレート: - メインラインオリフィスプレートの目的は、圧力差を作成することです。流量がこのメインラインオリフィスを横切って変化すると、このプレートを横切る圧力差も変化し、メーターを機能させるこの変化です。 (ii)オリフィスフランジ/キャリアリング:-オリフィスフランジ/キャリアリングは2つの機能を果たします。第一に、彼らはパイプライン内の適切な位置に本線オリフィスプレートを保持します。第二に、オリフィスの高圧側から流れの一部を流し、再び低圧側に戻します。この機能は、フランジ以外のものでも実現できます。 タップを使用します。バイパス配管は、配管タップ、ラジアスタップ、またはベナコントラクタップの形で直接配管に接続されている場合があります。 (iii) 可変面積流量計:上述したように、バイパス配管内に流量計(ガラス管ロタメーター又は金属管ロタメーター)を設置し、バイパス流量を測定する。 (iv) レンジオリフィス:レンジオリフィスは、バイパス配管内に設置される小さなオリフィスで、流量計の前または後に設置されます。このオリフィスは、バイパス配管を通る総圧力損失が本線オリフィスを通る圧力差と等しくなるように大きさが決められています。 (v) バイパス配管:バイパス配管は、本線タップの上流側を流量計の入口側に、本線タップの下流側を流量計の出口側に接続する。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Flowtech Measuring Instruments Pvt. Ltd.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。