ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン RTP DN50-200
パイプ用熱可塑性プラスチックポリマー・複合スチール製品

ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン
ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン
ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン
ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン
ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン
ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン
ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン
ガラスファイバー強化チューブ用押出しライン
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
パイプ用
材料
熱可塑性プラスチック, ポリマー・複合スチール製品
その他の特徴
多層
応用
ガスパイプ用, 高圧パイプライン用, 合成チューブ, ガラスファイバー強化チューブ用, RTP チューブ用, スチール強化管用

詳細

鋼線補強パイプの豊富な経験に基づき、6年間の継続的な研究と実践を経て、Goldstoneは独自のRTPパイプ技術を開発しました。 GoldstoneのRTP配管技術は、熱可塑性樹脂を含浸させたグラスファイバー・コードやテープを補強材として使用しています。 ガラスはHDPEパイプまたは共押出ライナーパイプに多層に巻き付けられ、各層間に接着樹脂を押し出し、加熱装置で繊維を硬化させます。最終的に、高圧に耐える完全接着の一体型複合構造体が得られる。 この強化パイプは、API15Sをはじめとする国際規格に準拠して設計されている。 RTPは柔軟性があり、コイル状に巻けるので、石油、ガス、その他の分野で高圧を使用し、迅速な設置が必要なフローラインに適しています。 お客様のチューブ設計の要求に応じて、Goldstoneはロープラップまたはテープラップ技術のいずれかを提供し、その他の組み合わせも可能です。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

Goldstone Orient New Material Technologyの全カタログを見る

Goldstone Orient New Material Technologyのその他の関連商品

OTHER

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。