金属チューブ用圧着機 GRISOTUB MS
半自動

金属チューブ用圧着機
金属チューブ用圧着機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

使用製品
金属チューブ用
操作方法
半自動

詳細

ダブル、トリプル、サドルフォールド用チューブクリンパー GRISOTUB MSは、手動または半自動で駆動する効率的な金属チューブ用圧着装置です。1回の作業サイクルで2~8本のチューブをシールすることができます。チューブを供給するためのホルダーはカスタムメイドです。チューブホルダーの製造には、直径あたり約10本のチューブサンプルが必要です。 GRISOTUB MSには3つのタイプがあります。 特徴 - 金属チューブの連続圧着用の高速開閉装置 - MS-2/3型; 二つ折りまたは三つ折り用の手動タイプ - MS-2/3 M型; 二つ折りまたは三つ折り用の半自動タイプ - MS-S型; サドル折り用の手動式タイプ - 1時間あたり最大1,500本のチューブを封止可能(チューブ径により異なる - 小・中規模の生産拠点に最適 手動圧着機の仕組み 高さ調整により、折りたたみタイプを選択します。充填されたチューブは、チューブホルダーの上に置かれます。ホルダーをシールガイドの間に置きます。その後、チューブの端が圧迫され(過圧を避ける)、シールの準備が整います。ホルダーがユニットの中央に配置された後、クランクを2回回転させることでシーリングプロセスが解除されます。 MS-Sタイプでは、チューブホルダーを180°回転させ、クランクを3回目に回転させることで、チューブを確実にシールするためのサドルフォールドが形成されます。 セミオートクリンパーの仕組み 高さを調節して、折り畳みタイプを選択します。充填したチューブをチューブホルダーに置きます。ホルダーをシールガイドの間に置きます。その後、チューブの端が圧迫され(過圧にならないように)、シールの準備が整います。ホルダーが中央に配置された後、機器の両側にあるボタンを押すことで密閉プロセスが解除されます。

---

ビデオ

カタログ

GRISOTUB MS
GRISOTUB MS
2 ページ
GRISONA STP
GRISONA STP
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。