カラー分光測色計 HK7
携帯型カラー測定用

カラー分光測色計
カラー分光測色計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

スペクトラム
カラー
その他の特徴
携帯型
技術的応用
カラー測定用
波長

最少: 390 nm

最大: 720 nm

詳細

連続オンライン色測定用分光光度計 標準 CIELabまたはICUMSA 規格に基づくアプリケーションカラー測定の範囲。 色の継続的なオンライン測定。 表面が滑らかで平坦で、研磨材やバルク材を使用しない製品の色測定。 ガイドライン CIELab-システムは、1976 年に国際照明委員会 CIE(国際委員会)によって指定された色空間です。 これはCIEカラーシステムからさらに派生したもので、1931 年に導入されたCIEの「マスター」空間に基づいています。 CIELabシステムは、今日、最も一般的なカラーシステムです。 この機器に依存しない3Dカラーモデルに基づいて、色の違いを数値的に識別することができます。 このモデルは公平であり、人間の知覚と色空間における2つの色の間の幾何学的距離を適合させることにより、人間の知覚に近い。 測定されたスペクトル曲線は、3 つの座標で減少します。 座標の軸は互いに長方形に配置されています。 L *、光強度、0 = 絶対黒から100 = 絶対白です。 a * は赤-緑の軸を表します。 負の値は緑、正の値は赤です。 b * は黄色-青色の軸を表します。 負の値は青、正の値は黄色です。 したがって、色空間で色を正確に記述することができます。 計算は、標準光と通常の観測点を考慮して行われます。つまり、色の値は定義された物理条件の下で計算されます。

---

カタログ

HK7
HK7
4 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。