1. 計量 - 研究所
  2. 計量・試験機
  3. ねじり試験機
  4. Hegewald & Peschke Meß- und Prüftechnik GmbH

ねじり試験機 Inspekt T-5000H
自動ネジプラスチック用

ねじり試験機
ねじり試験機
ねじり試験機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

試験の種類
ねじり
操作方法
自動
試験済製品
プラスチック用, 複合材料用, ネジ
部門
研究所用, 研究開発用
設定
横型
その他の特徴
静的

詳細

ねじり試験用の試験機は、主に科学、研究、教育、試験室、製造時の生産管理などで使用されています。 ねじり試験機は、静的試験で異なる材料の試験片のトルク荷重を測定するために使用されます。 - プラスチック、複合材料 - ネジ、カルダンシャフト - DIN ISO7800およびASTM A938に準拠したワイヤのツイスト試験、およびDIN ISO 9649に準拠したワイヤの交互ツイスト試験 - トルクセンサの校正 ねじり試験機Inspekt T-5000Hは、単軸ねじり試験用に設計されています。毎分2回転の回転数で最大トルク5000Nmを実現しています。ねじり軸は水平に配置されています。システムは、溶接されたスチールセクションで構成されたベースフレームをベースにしています。これにより、高いねじり剛性を実現しています。 作業領域は保護フードによって閉じられており、試験運転中は磁気タンブラーによってロックされています。トルク変換器は右側にスライド可能になっています。位置決めはT溝で手動で行います。テストされるサンプルは、左右の側面の間にクランプされています。 寸法 - デバイス(ベースフレーム付き、保護カバーなし):1350mm x 2350mm x 850mm (HxWxD) - クランプ範囲:約Ø350mm。 - 取付フランジ間の最大テストスペース長さ1000mm

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。