ハードアルマイト処理 / アルミニウム / 航空用 / 軍隊用

MyDirectIndustryにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
ハードアルマイト処理 / アルミニウム / 航空用 / 軍隊用 ハードアルマイト処理 / アルミニウム / 航空用 / 軍隊用
{{requestButtons}}

特徴

  • タイプ:

    ハード

  • 材料:

    アルミニウム

  • 応用:

    航空用, 軍隊用

  • その他の特徴:

    着色あり

  • 認証:

    ISO 9001

詳細

陽極
酸化アルマイトとは、電解質中に懸濁したアルミニウム部分を陽極酸化して酸化アルミニウムコーティングを作るプロセスです。 最も一般的に使用される電解質は重量硫酸で15 % ですが、航空機の部品にはクロム酸が使用されることもあります。 このプロセスには30 分から1 時間かかり、厚さは0.3ミルから2ミルです。 製造される酸化アルミニウムコーティングは本質的に多孔質であり、染料を吸着するか、塗料のための優れたアンカープロファイルを示す能力を有する。 これらの特性が望ましくない場合は密封することもできます。 以下は陽極酸化のための最も一般的な仕様です。

MIL-A-8625

Type II-硫



酸クラス1 — クリア硫酸陽極酸化は、耐食性を高めるアルミニウム合金に酸化物コーティングを生成し、塗料コーティングのベースとしても使用できます。 他の用途は、限られた耐摩耗性、電気絶縁および装飾目的のためである。 従来の硫酸陽極酸化は、アルミニウム部品をより魅力的にし、より耐食性を高めることが最も有用である。 酸化アルミニウム膜の自然な外観は、ほぼ透明であり、そのままの状態で、クリアアルマイト処理として知られています。 これは陽極酸化の最も経済的な形態です。 典型的な厚さは、.3 ~ .7 ミルです。

クラス2-色染料

カラーアルマイト処理は、製品をより魅力的なものにします。また、非常によく似ているが用途や寸法が異なる部分を色分けする場合にも役立ちます。 IMFは、カラー陽極酸化のニーズに合わせてブラック、レッド、ブルー、グリーン、ゴールド、イエローを提供しています。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)