自動スキン包装機 MAGIC-SKIN 5070

自動スキン包装機
自動スキン包装機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

特性
自動

詳細

マジックスキン5070は、ITALDIBIPACKによって製造された半自動スキンラッピングマシンです。 オペレータが段ボールの上にアイテムを置き、機械は赤外線ランプ付きの放射パネルを使用してフィルムを自動的に加熱します。 次に、加熱からラッピング位置までのフレームを閉じます。 機械は、真空ポンプと操作サイクルの各端を切断するフィルムを自動的に接続および切断します。 このマシンは400V 〜 3phで動作し、8kWの電力を必要とします。 加工できる段ボールの最大サイズは495 x 695 mm、製品の高さは150 mmです。 また、その寸法は2450 × 1450 × 1700ミリメートルであり、280キロの重量を量る。 また、約 6バールの圧力で5NI /サイクルの空気を消費します。 最後に、このマシンは毎分 2サイクルまでの生産速度を提供します。

---

カタログ

MAGIC SKIN
MAGIC SKIN
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。