リニア振動ふるい機 TOPCILLA
ばら物用

リニア振動ふるい機
リニア振動ふるい機
リニア振動ふるい機
リニア振動ふるい機
リニア振動ふるい機
リニア振動ふるい機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
リニア振動
素材
ばら物用

詳細

動作原理 フリップ流れスクリーンTopcilla TOPCILLAは1台の機械の2つの選別の主義の利点を結合する。アッパー・デッキの首尾よく証明されたJOEST 3D指の滝スクリーンTopSpinおよび下甲板の独特なJOESTのフリップ流れスクリーンOSCILLA。主適用はMSWのような材料の、および商業無駄、C及びD、屑鉄、不用な焼却のスラグ、包装の無駄および他の異質物質的な組合せリサイクルの処理である。 TOPCILLAは組合せスクリーンである。上部のスクリーン・デッキは通常自動クリーニング式スクリーンの表面が付いている指の滝スクリーンTopSpinである。ある特定の適用のために指スクリーンからのパネルへの他のどのスクリーン・デッキのタイプも上のデッキで使用することができる。各スクリーンの入り口は指スクリーンと同じような方向の運搬で開いている。3D表面に材料を導く先を細くされた表面がある。スクリーンの動きおよびスクリーンの重ね合わせによって一定した自動クリーニング式を並べることは保証される。 下甲板はフリップ流れスクリーンOSCILLAである。 OSCILLAは2つの振動フレーム間のリーフ・スプリングを使用する。これは50以上のG力の非常に大きく相対的な広さそして非常に高い加速価値を可能にする。またあらゆる適用のためのリーフ・スプリングの数によって微調整行う。 最適振動の状態を2つのスクリーン・デッキのために容易に達成することができること、リーフ・スプリング調整の保証の高い柔軟性。 TopSpin上部のスクリーンはより低いフリップ流れスクリーンが大きく相対的な広さを要求する一方、大きい円動きを必要とする。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。