ボール状軸受 Example 3
2 列アンギュラコンタクト4点接触

ボール状軸受
ボール状軸受
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

回転部品
ボール状
構造
2 列, アンギュラコンタクト, 4点接触
その他の特徴
高速用

詳細

高精度で優れた高速性能を発揮するように設計されています。 角度接触玉軸受は、軸方向と半径方向の両方の組み合わせ荷重を運ぶように設計されています。角度接触軸受は、軸受が使用中にレースとボールの間の接触角度が形成されるように設計されています。 このタイプのベアリングの主な設計特性は、一方または両方のリングレースが片方の肩を解放するか、もう一方の肩よりも高くすることです。 これらのベアリングが適切に機能するためには、スラスト荷重で組み立てる必要があります。 この荷重(またはプリロード)は、内側のレースとボールとアウターレースの間に接触線(または接触角度)を作成します。 予荷重は、ベアリングに組み込むことも、ベアリングをアセンブリに挿入するときに作成することもできます。 接触角度は15° ~ 40° の範囲で、軸受軸に対して垂直に走る線に対して測定されます。 角度接触軸受は、重いスラスト荷重および中程度のラジアル荷重に耐えることができる単方向スラスト軸受です。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。