円形のこぎり KKS 250 T
止型金属用パイプ用

円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
円形のこぎり
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
円形, 止型
切断可能素材
金属用
応用
パイプ用
その他の特徴
精密, 機械加工
丸鋸刃直径

250 mm
(10 in)

円形刃の切削能力

55 mm, 60 mm
(2 in, 2 in)

詳細

手動丸鋸 KKS T は、小型のチューブやプロファイルの加工に必要なすべてを装備しています。すべてのモデルで正確なミッター加工が可能です。KKS T315/350のバイスは、最適な切断のためのセルフセンタリング式です。250/275mmの鋸刃を装備したモデルには、クイックアクションクランプバイスが装備されています。 高精度な角度切断 剛性の高いバイス 剛性の高いマシンベース 内蔵クーラントシステム 簡単な操作、頑丈なデザイン、正確な角度切断により、この丸鋸はあらゆる作業場に「必携」のベーシックな製品となっています。 シリーズ全体が、スチール、鉄、軽金属のソリッド材、チューブ、セクションの切断に最適です。 オペレータはハンドレバーで切断をガイドし、ON/OFFスイッチは人間工学に基づいてハンドグリップに組み込まれています。 KKS 250とKKS 275 Tは、クイックアクションクランプ機能を備えた剛性の高いバイスで、小ロット生産に最適です。 KKS 315 T / KKS 350 Tは、鋸刃の両側でワークをしっかりと保持するセルフセンタリングデュアルバイスを装備。 ギアヘッドを回転させることで、マイターを最大±45°まで調整できます。 選択した角度調整は、機械フレームに組み込まれた中央クランプレバーで固定します。 全機種に高トルクモーターを採用し、KKS 315と350 Tはリバーシブルポールと2段変速を装備。 大型アイドラーギアはオイルバスで作動するため、メンテナンスが容易で摩耗が少ない。 頑丈なマシンベースは、省スペースでのマシンセットアップを可能にします。 クーラントシステムは全機種に標準装備。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。