ディーゼルエンジン D902
3気筒コモンレールコンパクト

ディーゼルエンジン
ディーゼルエンジン
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
ディーゼル
シリンダー数
3気筒
その他の特徴
コンパクト
出力

18.5 kW (25.153 hp)

詳細

クボタ初の電子制御式小型産業用ディーゼルエンジンを開発 新燃焼方式TVCR*1で黒煙の発生を目立たなくする 2021年3月24日 株式会社クボタ(本社。大阪府大阪市浪速区、代表取締役社長。株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一、以下「クボタ」)は、クボタ初の19kW以下の電子制御ディーゼルエンジン「D902電子制御エンジン(排気量:0.898L)」を開発しました。 今回開発したD902は、EPA*2 Tier4(北米)、Stage V(欧州)、China IV(2022年12月施行予定)などの各地域の排出ガス規制に対応するとともに、現行のクボタ製エンジンからの乗り換えが容易なコンパクトサイズであることから、クボタのディーゼルエンジンのラインナップを強化します。 *1.クボタ独自の燃焼システムを小型エンジン用コモンレールシステムに合わせて新規に設計 *2.米国環境保護庁(The United States Environmental Protection Agency)。人の健康と自然環境の保護を使命とする、米国連邦政府の独立行政法人。 クボタは、世界中の建設・産業機械メーカーのエンジンに対する多様なニーズに応え、各国・地域の最新の排ガス規制に対応したエンジンを提供することで、100馬力*3までの産業用ディーゼルエンジンの世界市場におけるリーディングポジションを維持している。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。