フェムトセカンドレーザー CARBIDE
固体マルチ波長工業用

フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作方法
フェムトセカンド
光源
固体
スペクトル
マルチ波長
応用
工業用
その他の特徴
コンパクト, 凹凸, 空冷式, 水冷式, 自動, シード
波長

257 nm, 343 nm, 515 nm

出力

5 W, 6 W, 40 W, 80 W

詳細

特徴 - 290 fs - 10 ps 可変パルス時間 - 800μJパルスエネルギー - 80 W の出力電力 - 60 kHz - 2 MHz 調整可能な基本繰り返し周波数 - パルスオンデマンド運転用パルスピッカー - 頑丈な工業グレードの機械設計 - 自動高調波発生器 - (515 nm, 343 nm, 257 nm) - 空冷または水冷 - システムの柔軟性を高める科学的なインターフェース 概要 CARBIDEフェムト秒レーザは、波長1030nmで>80Wの出力を特徴としています。このレーザーは、環境条件に関係なく、ビーム品質、産業グレードの信頼性とビーム安定性に妥協することなく、<10-9のASEバックグラウンドと最近更新された最大エネルギー仕様で純粋なパルスを放出します。60 kHzから2 MHzの範囲で連続的に調整可能な繰り返し率は、<10マイクロ秒の応答時間で出力パルスタイミングとフルスケールのエネルギー制御のための内蔵パルスピッカーと組み合わせて、発光の任意のシェーピングを可能にします。パルス持続時間は290fs~10psの範囲で調整可能です。<0.5% RMSの優れた出力安定性が標準です。レーザー出力は、バーストエンベロープを変更する機能を持ちながら、ピコおよびナノ分離のいくつかのパルスのバーストに分割することができます。高調波発生器のオプションにより、異なる波長でのフェムト秒アプリケーションが可能です。パラメータは完全にソフトウェアで調整可能です。

---

ビデオ

カタログ

CARBIDE
CARBIDE
10 ページ
HARPIA
HARPIA
12 ページ
PHAROS
PHAROS
10 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。