圧力試験用ベンチ
疲労自動素材用

圧力試験用ベンチ
圧力試験用ベンチ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

試験の種類
圧力, 疲労
操作方法
自動
試験製品
素材用
部門
自動車産業用
技術
機械式
設定
縦型

詳細

Maximatorの高度に設計されたインパルステストベンチで実施される圧力疲労試験により、材料およびコンポーネントの疲労強度が現実的な条件で確立されます。自動車産業や機械工学においては、ディーゼル噴射技術におけるコンポーネントの構造と設計を最適化するために、初期設定と計算コンセプト(FEAとシミュレーション)を見直し、その妥当性を確認することができます。 技術の効果 圧力疲労テストベンチは、加圧された中空体の故障メカニズムを評価するために使用されます。油圧駆動の増圧器は、高度に動的なサーボバルブとともに、正弦波状の圧力波を発生させます。負荷がかかった状態での試験片の破損は、材料や設計に関するコンポーネントの潜在的な弱点を示します。 当社の圧力疲労技術 MAXIMATORの圧力疲労試験システムは、様々な要求を満たし、高精度の試験結果を得ることができます。完全にプログラム可能な正弦曲線は、個々の試験だけでなく、荷重スペクトルとしても試験できます。疲労圧力は、コンポーネントの体積に応じた最大試験周波数で最大6,000バールに達し、デジタルシグナルプロセッサを介して正確に制御されます。当社の試験システムでは、圧力強度の実用的な検査のための作動荷重リアルタイム試験も実施できます。インテリジェントな試験ソフトウェアは、最大24個の試験部品を同時に記録します。その後、システムは正規分布に基づいて統計データを決定します。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Maximator GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。