平行無停電電源装置 UBTD+
産業用力率補正口付き

平行無停電電源装置
平行無停電電源装置
平行無停電電源装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
平行
応用
産業用
その他の特徴
力率補正口付き
パワー

最少: 500 W

最大: 40,000,000 W

詳細

は、これまでのUPSとは一線を画しています。独自に開発したモータジェネレータとチョークの特殊な組み合わせにより、非常にシンプルで信頼性の高い無停電電源装置として、非常に高い効率を実現しています。この技術は、20年以上の信頼性を持つように設計された、非常に堅牢で小さなフットプリントのハイパワーソリューションを提供します。 UNIBLOCK™ UBTD+のご紹介 UBTD+は、500kWから2700kWまでのシングルモジュールで、蓄電装置やディーゼルエンジンなどのオプションも用意されており、特定の条件や負荷に応じた多機能性を備えています。UNIBLOCK™ UBTD+は、複数のシステム構成が可能です。パラレル化が容易で、モジュールの拡張も容易であり、あらゆる規模の設置に対応できます。 動作原理 UNIBLOCK™ UBTD+ ディーゼルロータリーUPSは、ディーゼルエンジンを搭載したロータリーUPSの利点を一つのユニットにまとめたものです。このシステムは、UNIBLOCK™のモータジェネレータ(MG)とディーゼルエンジンをフリーホイールクラッチで接続し、ショートベースフレームに搭載したものです。負荷は通常、商用電源に接続されたアイソレーションチョークとカップリングチョークを介して供給されます。チョークには、モーター・ジェネレータに接続するための2つ目のタップが付いています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

PILLERの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。