可視化ソフトウェア PASvisu
HMI形態サーバー

可視化ソフトウェア
可視化ソフトウェア
可視化ソフトウェア
可視化ソフトウェア
可視化ソフトウェア
可視化ソフトウェア
可視化ソフトウェア
可視化ソフトウェア
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
可視化, HMI, 形態, サーバー, 診断用, OPC
応用
プロセス, 装置, インフラストラクチャー用, TCP, Webベースの可視化用
展開モード
ウェブ上

詳細

PASvisuを使用して、オートメーションプロジェクトを簡単かつ最適にコンフィグレーションおよび視覚化できます。便利で包括的な設備の全体像を現場で、またリモートアクセスを使用して作成できます。PASvisuは、非常に種類豊富なスタイルシートでオートメーションプロジェクトを見映えよく表示します。 PASvisuを使用して単一プロジェクトでさまざまな情報源からのデータを視覚化できます。データ通信のための最大のセキュリティが提供されます。ほぼすべてのコントローラをPASvisuで使用できる多数の接続オプションで視覚化することができます。コントローラ、PNOZmultiやPSS 4000などのピルツのオートメーションシステムは、視覚化ソフトウェアと直接接続してデータを交換します。PASvisuなら1つの視覚化プロジェクトで、診断オプションも含めて、すべてのデータをまとめて表示することが可能です。 ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuは柔軟に使用できるためソフトウェアを既存のオートメーション基盤に簡単に組み込み可能です。PASvisuはModbus TCP通信プロトコル、またはOPC UAサーバ経由の接続をサポートします。そのため、ほとんどすべての市販の一般制御システムで使用できます。プロセスデータは簡単に交換できます。他のコントローラからのデータを同じ視覚化プロジェクトで表示可能です。また、ほぼすべての端末装置でデータの表示が可能です(機械に内蔵のHMI、外部PCやタブレットなど)。既存の部品やシステムを交換する必要なく、設備や機械の最適な視覚化を実現できます。したがって、ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuは最適コストのソリューションです! PASvisuコンフィグレーションツールPASvisu BuilderとPASvisu Runtime ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuはPASvisu BuilderとPASvisu Runtimeで構成されます。PASvisu Builderは、シンプルで効率的なプロジェクト作成のためのHTML5に基づくツールです。PASvisu Runtimeはデバイスに依存せず単体で使用できるPCバージョンと、ピルツのHMIパネルを使用してプロジェクトを視覚化するPMIバージョンが用意されています。 あらゆるソリューションに対応: 視覚化プロジェクトの容易な実装 ほとんどすべてのスタンダードコントローラでプロセスデータの使用・処理・交換が可能: PASvisuはModbus TCP通信プロトコルとOPC/UAサーバ経由の接続をサポート Modbus TCP通信プロトコルが内蔵のすべての産業用部品に高速接続 さまざまな端末装置(機械に内蔵のHMI、外部PC、タブレットなど)でデータを表示可能 PNOZmultiまたはPSS 4000プロジェクト間の直接リンクにより、さらに高速なデータ転送 - 変数を手動で入力・割り当てする必要がないため、エンジニアリング時間を短縮 タイルを使用した視覚化 - 関連するプロパティ(例:接頭辞、接尾辞およびエラーステータス)をすべて含む事前定義されたGUIファンクション プロセス変数はツール内の自動フィルター機能で接続(変数の手動の作成不要) 純粋なクライアント-サーバ機能 - リモートメンテナンスを現場の操作とは別に実行可能

ビデオ

カタログ

Packaging
Packaging
6 ページ

見本市

この販売者が参加する展示会

Hannover Messe 2024
Hannover Messe 2024

22-26 4月 2024 Hannover (ドイツ) ホール 9 - ブース D17

  • さらに詳しく情報を見る
    BIEMH 2024
    BIEMH 2024

    3-07 6月 2024 Bilbao (スペイン) ホール 6 - ブース G-06

  • さらに詳しく情報を見る
    *価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。