膨張押出しライン HEPTAFOlL®
熱可塑性プラスチック7段階式食品用ラップフィルム用

膨張押出しライン
膨張押出しライン
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
膨張
材料
熱可塑性プラスチック
その他の特徴
7段階式
応用
食品用ラップフィルム用

詳細

7層共押出フィルムラインは、業界の重要なパッケージング開発ニーズの大部分を満たしています。7層共押出ブローフィルムラインは、最大生産量1500kg/時、レイフラット幅1500mmから4500mmで、バリアフィルムとノンバリアフィルムの両方を生産し、複雑なパッケージングソリューションに使用されています。用途としては、食用油、UHTミルク、液体・固体容器ライナー、テクニカルアプリケーションなどの長期保存可能なパッケージング用フィルムが挙げられます。また、蓋材、冷凍食品包装、食肉包装、真空包装用のフィルムもこのラインで生産されています。左右対称のフィルムも、非対称のフィルムも、アニーリング用のウォーターバスを組み込んで、カールを最小限に抑えて生産されます。 Heptafoil - 7層ブローフィルム押出機は、直接結合モーター、溝付きフィードセクション用の流体温度コントローラ、手動または油圧式スクリーンチェンジャーを備えています。 CSD- Cylindrical Spiral Die (bottom fed vertical cylindrical spiral system)を備えた7層ブローフィルムラインは最新鋭で、レオロジーと熱力学の基準に最適化されたレイアウトを提供します。オーバーラップ数はほぼ無制限で、幅広い運転パラメータで優れた厚み分布を実現します。ポリマー特有の流動挙動に合わせて、メルトストリームを設計・合流させることができます。コンパクトな設計で、軸力が小さくなっています。すべての流路のサイズ、すべてのスパイラルの寸法、および共存するフロー領域は、コンピュータ化された設計と3Dシミュレーションソフトウェアの助けを借りて決定されます。金型はセルフクリーニングが可能です。デッドスポットを排除するために高度に研磨されています。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

Rajoo Engineers Ltd.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。