研究室用オートクレーブ AE-DRY Series
自動縦型真空

研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

研究所 / プロセス
研究室用
その他の特徴
自動, 縦型, 真空, 上から投入, コンパクト, 電子, 移動式
応用
食品産業用, 無菌
最大温度

最少: 100 °C (212 °F)

最大: 134 °C (273 °F)

有効容量

33 l, 55 l, 79 l, 115 l, 175 l (8.7 gal)

詳細

AE-DRYシリーズ 33~175Lの最終乾燥段階を備えた縦型実験室用オートクレーブです。最終乾燥機能と自動水位制御により、オートクレーブの滅菌作業時間を短縮し、滅菌作業を合理化します。 用途 研究室の生産性を高めることを目的とした、一般的な、産業、病院および研究室。 適応症。 包装されていない、包装されていない固体材料、小さな多孔質要素および浅い空洞、ガラス、プラスチック、液体、金属要素および実験室の廃棄物袋のような中空要素の滅菌。 特徴 真空ポンプと加熱ジャケットを使用して、最初の予備真空と最後の真空乾燥をサイクルで行います。 滅菌室への自動給水用の水タンク。オプションで水タンクの自動充填が可能。 滅菌室はAISI-316Lステンレス鋼製。 AISI-304ステンレス鋼製の外部ハウジング。 滅菌パラメータ、アラート、エラーを表示する英数字液晶画面。 マイクロプロセッサによるトータルコントロール:10のプログラム、時間、温度、乾燥時間、サイクルタイプ(固体または液体)によってプログラム可能。 細菌フィルター 寒天モード(40~80℃)。 プログラム可能なスタートアップ オプションの心臓プローブ オプションの内蔵または外部プリンタ オプションの制御ソフトウェア 50年にわたる研究室用オートクレーブの製造経験を活かして、さまざまな用途に対応したオートクレーブをご提供します。RAYPAでは、研究者向けの最先端オートクレーブから、一般設置用のコンパクトで小型のオートクレーブまで、さまざまなオートクレーブオプションをご用意しています。 AE-DRYシリーズの資料請求やパンフレットのダウンロードはこちらから。

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。