マルチ パラメータ試験用ベンチ S-5-1050/1300
完全自動遮断弁用ゲート バルブ用

マルチ パラメータ試験用ベンチ
マルチ パラメータ試験用ベンチ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

試験の種類
マルチ パラメータ
操作方法
完全自動
試験済製品
遮断弁用, ゲート バルブ用, バタフライ バルブ用, 調節弁用, バルブ用
技術
油圧, 空圧
設定
横型

詳細

目的 - シェルテストは、API 598、API 6D、ISO 5208 などに準拠しています。 - API 598、API 6D、ISO 5208などに準拠したシートリークテスト(キャビティAからB、BからA)。 - API 598、API 6D、ISO 5208 などに準拠したバックシート試験。 - DBB/DIB試験はAPI 598、API 6Dに準拠しています。 - ANSI FCI 70.2, IEC 60534-4, EN 1349 などに準拠した制御弁シート漏れ試験 テスト済みアイテム - ゲートバルブ。 - ボールバルブ。 - バタフライバルブ。 - 逆止弁。 - プラグバルブ。 - 制御弁。 テスト済みのユニット接続タイプ - フランジ形(ASME B 16.5, ASME B 16.47, GOST 12815 などによる。 - 溶接端(ASME B 16.25、GOST16037などによる。 - シールアダプタのセット 利点 試験弁のクランプは油圧シリンダで行います。試験台には、高圧試験時に油圧シリンダによるクランプ時にバルブ本体にかかる軸方向の圧縮を排除した比例クランプ制御システムを装備することができます。 クランプユニットは、ラジアルシールタイプとセルフシールタイプの2種類を用意しています。 試験中の両面ゲートシールは、試験バルブの再配置を必要としないため、試験時間を大幅に短縮することができます。 ベンチにはステンレスタンク付集水トレイを装備しています。 高圧クイックコネクトホースの採用により、試験準備時間が大幅に短縮されます。 ベンチは油圧式または電動式のクロスヘッドを使用して、バルブの対面寸法に素早く調整できます。 ベンチには交換可能なシーリングアダプターを取り付けることができます。 試験台には、バルブの位置決めや試験中のサポートのためのバルブ昇降台を装備することができます。 * お客様のご要望に応じて

---

カタログ

REVALVEのその他の関連商品

Horizontal test benches for shut-off and control valve

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。