X線検出器 HyPix-Arc 100°
位置アーク光子

X線検出器
X線検出器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定対象
位置, X線, 光子, アーク
タイプ
監視用
その他の特徴
波長

詳細

HyPix-Arc 100°は、単結晶回折アプリケーション用の湾曲型ハイブリッドフォトンカウンティング(HPC)X線検出器です。HyPix-Arc 100°は、平面型のHyPix 6000検出器と比較して、17°大きな捕捉角を実現しています。反射プロファイルの歪みが少なく、1回の露光でより多くのデータを収集することができます。HyPix-Arc 100°は、端から端まで100°の角度をカバーしています。これは、IUCrガイドラインに基づいて、Cu Kα X線の波長であっても、1つのシータ位置から完全な単結晶回折データを収集するのに十分すぎるほどです。高角度と低角度のデータを同一条件で同時に測定することで、スケーリングの向上、データの高速化、ドーズ時間の短縮を実現しています。湾曲した検出器は、結晶から検出器までの距離が短い場合でも、回折ビームが平面形状の場合よりも垂直に近くなるようにすることで、ピークの歪みを最小限に抑えます。 他のHPC検出器と同様に、HyPix-Arc 100°は、すべてのフォトンに対してダイレクトなX線フォトンカウンティングを行い、読み出しノイズやダークノイズのないシングルピクセルのトップハット型点広がり関数を実現しています。100ミクロンのピクセルサイズは、長いユニットセルの反射の解像度を向上させ、反射プロファイル分析を改善します。HyPix-Arc 100°は、100Hzの高フレームレートとゼロデッドタイムモードを備えており、究極のエラーフリーシャッターレスデータ収集を実現します。 HyPix-Arc 100°に搭載されている直接検出の利点は、シンチレーターを必要とせず、シンチレーターを使用した検出器で発生するブルーミングではなく、ピクセルのサイズによって点広がり関数が決定されることです。これにより、反射光がよりシャープになり、解像しやすくなりました。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Rigakuの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。