浮選機

浮選機
浮選機
浮選機
浮選機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

詳細

浮遊 BGRIMM-MATの浮選技術は世界をリードする技術として認められており、さまざまな用途に20,000個以上の浮選セルが設置されています。 北京鉱業冶金総合研究所(BGRIMM)は、1956 年以来、浮体の研究、設計、建設に積極的に取り組んでおり、その機械・自動化技術部門(BGRIMM-MAT)は、20,000 台以上のフロートセルを稼働させ、アジア市場の 80%以上を占めるアジアをリードするフロートセルサプライヤーです。 最近では、Palabora Mining Company (7 x 320m³タンクセル)や、ペルーのToromochu社の15万t/pdの操業など、主要な鉱山事業に供給しています。 BGRIMMはまた、ルステンブルグ地域のPGMや、コンゴ民主共和国とザンビアの銅酸化物・硫化物に対するフロートセルの設置にも成功しています。 ロイテックは、テストワーク、装置のサイジング、南アフリカ規格への適合、プロジェクトの実行、試運転、アフターサービス、スペアの現地在庫などのサービスでBGRIMM-MATをサポートします。 BGRIMMの最先端技術、経済的な中国製の製造、ロイテックの強力な現地サポートの組み合わせは、現地のお客様のニーズに非常に魅力的なオプションを提供します。 浮遊細胞の範囲は下記のものを含んでいます。 KYF強制空気ユニット; 最大のものは320m³のタンクセルで、600m³までの設計が可能です。 BF自己吸引式セル;これらにはまた、独自の内部ポンプ作用があり、カスケードや外部ポンプなしでセルが1つのレベルにあることを可能にします。 循環型スラリーを用いた気泡分散性に優れたカラムセル

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Roytec Globalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。