1. 製造機械
  2. その他の製造機械
  3. ロ-ラーミル
  4. Schenck Process Holding GmbH/シェンク・プロセス・ホールディング

ロ-ラーミル
縦向き超薄型エアー式分離器付

ロ-ラーミル
ロ-ラーミル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
ロ-ラー
方向
縦向き
その他の特徴
超薄型, エアー式分離器付, サイクロン分離器付き

詳細

Raymond® 精密研削ローラーミル(米国特許第 7665681および7963471)は、10ミクロン未満のd50 測定で製品サイズ分布を達成するために特別に設計されました。 新しいローラーミルとして、または既存のミルへの改造として利用できます。 特長 ミルサイドバッフル 最適化されたプラウ構成により、必要な製品の細かさを達成するためにミル性能を向上させます。 従来のローラー(振り子)ミルと比較して、 より細かい製品を達成 d50 測定を有する製品の生産速度を10 〜 15 % 向上させます スムーズで静かなミル 操作の原則 レイモンド® 精密研削ローラーミルは、空気掃引された垂直です 積分分類の振り子ミル。 垂直シャフトは、研削ゾーン内の研削ジャーナル/ロールのアセンブリを回転します。 ユニットが回転すると、遠心力がロールを研削リングに対して駆動します。 送り材料は、研削ゾーンの上部からミルに入り、重力によってミル底部まで下に移動します。 次に、粉砕が起こる粉砕ロールおよびリングのニップ領域にミル底部からプラウによって持ち上げられる。 プラウは、journals.rolls アセンブリとともに中心シャフトを中心に回転します。 地面の材料は、プロセス空気流に排出されます。 気流は、粉砕材料を上方に運ぶブルリングの下のノズルを通って流れ、動的分類器まで流れ、粗い粒子が分離され、研削ゾーンに戻ります。許容可能な材料は、サイクロンまたはバッグハウス内の製品収集に工場から出ます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Schenck Process Holding GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。