焼入れ炉 CaseMaster Evolution
予熱焼きなまし熟成

焼入れ炉
焼入れ炉
焼入れ炉
焼入れ炉
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
焼入れ, 予熱, 焼きなまし, 熟成, 浸炭, 硬化, 炭窒化, オイル クエンチング, オーステンパ, 低圧浸炭, クエンチング ガス, ろう付け
形状
チャンバー
熱源
電動, ガス
雰囲気
真空, 不活性ガス, 窒素, 強制対流式
その他の特徴
横型, 高温, 自動, 工業用, オーダーメイド, プログラム可能, 縦型, 低エネルギー消費, 黒鉛, 圧力, 航空用, 大容量, 研究所用, 大型, スチール用, 高生産性, インライン, 航空宇宙用, 環境に優しい
温度

最大: 1,300 °C
(2,372 °F)

最少: 150 °C
(302 °F)

1,250 °C
(2,282 °F)

詳細

ケースマスター エボリューション(CMe)は、航空宇宙、自動車、機械製造、ベアリング、商業熱処理など様々な産業における幅広いLPCアプリケーションに対応する新世代の密閉焼入れソリューションです。 ケースマスターエボリューションには2つのタイプがあります: / Dタイプと呼ばれる2室炉は、1室が処理用、もう1室がオイルまたはガス冷却用の2つのチャンバーを備えています。 / T タイプと呼ばれる三室炉では、D タイプと同じチャンバーに加え、PreNitLPC®と併用することでより迅速な処理が可能な第三の予備加熱・予備酸化チャンバーが装備されます。冷却はガス焼入れまたはオイル焼入れの2つの方法があります。 高効率のオイルクエンチは、ワークへのオイルの浸透を確実にする撹拌システムを備えており、ワークの均一かつ迅速な冷却を実現します。ガスシステム、ポンプシステム、電源および冷却システムは、幅広い工業用熱処理を可能にする余裕のあるサイズです。 主な特長 / 完全自動処理 / 真空、水平、ダブル、トリプルチャンバー / グラファイト加熱チャンバー / 断熱性の向上による低熱損失 / 低圧浸炭 (LPC) / 油または高圧ガスによる焼入れ、窒素(N2)またはヘリウム(He) / 真空および圧力密閉の内部ドアにより、プロセスおよび部品の高純度を確保 / 炉内のワーク搬送時間が短い / 各チャンバーの独立したポンプシステムによる排気時間の短縮 / オイル循環システムの無段階制御による均一な焼き入れと歪みの低減 / コンパクトなモジュール設計

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。