磁気フロートレベルセンサ SRF-381
液体用アナログ式ステンレス鋼

磁気フロートレベルセンサ
磁気フロートレベルセンサ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

原理
磁気フロート
媒体
液体用
インターフェイス
アナログ式
その他の特徴
ステンレス鋼
測定範囲

最少: 50 mm (1.97 in)

最大: 3,000 mm (118.11 in)

圧力

10 bar (145.04 psi)

プロセス温度

最少: -40 °C (-40 °F)

最大: 125 °C (257 °F)

詳細

SRF-381シリーズの磁気レベルセンサは、磁気フロートが移動するチューブ内に配置された1つまたは複数のリードスイッチの動作に基づいています。 磁界によりリレーが活性化され、SPST出力信号を得るための領域に到達する。 それは、1つ以上のレベル制御点の検出のためのアプリケーションを持っています。プロセスのニーズやアプリケーションの条件に合わせて製造されます。 Nivomatは、磁気レベルの製造において25年の経験を持っています。 50から3000mmまでの長さ、8mmの精度、-40から125℃までの流体温度、10バールの最大作動圧力。 プロセスへの接続:ステンレス鋼AISI 316。ガイドチューブ直径8mm(29mmフロート)または12mm(その他のフロート)。最大接点数:7個 非コード化オプション。プラスチック製フロート(PVC、PVDF、BUNAなど) プラスチック製のチューブと接続部。200℃までの高温。特殊接続 熱帯化 信号増幅用の補助リレー。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Sensotec Instrumentsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。