機能発電機 160 MHz, 512Kpts, 500MSa/s, EasyPulse | SDG 5000 Series
任意波形ダブルチャンネル式デジタル

機能発電機
機能発電機
機能発電機
機能発電機
機能発電機
機能発電機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
機能, 任意波形
オプションと付属品
ダブルチャンネル式, デジタル

詳細

概要: SDG1000シリーズの2011 発売後、SIGLENTは多目的機能/任意波形ジェネレータSDG5000シリーズを設計しました。 SDG5000シリーズは、SDG1000で採用された成熟した技術、高度なDDS 技術、および独自に開発されたイージーパルス技術を組み合わせたものです。 7つの主要な計器機能を1つに統合しています。 特長と利点 ◆ DDS 技術の適用、ダブルチャンネル出力、位相調整可能 ◆ 最大 160MHzの出力周波数、500MSa/sのサンプリングレート、14ビット垂直分解能、最大波長 512K pts ◆ 高周波安定性、-116dBc/Hz 低位相ノイズ ◆ 豊富な変調機能、スイープ- 周波数出力、バースト出力 ◆ 高精度周波数カウンタ内蔵、周波数範囲:100mHz ~ 200MHz ◆ 独自のEasyPulse 技術を採用し、低ジッタ、高速立ち上がり・立ち下がりエッジ、非常に小さなデューティサイクルを持つパルス信号を出力できます。 エッジとパルス幅は幅広い調整が可能です。 ◆ シグレントデジタルストレージオシロスコープとのシームレスな作業 ◆ USB-TMCプロトコルとSCPIプログラミングコマンド制御をサポート 従来の技術と比較して、革新的なEasyPulse 技術は以下の優れた利点を有します: ◆ 早く立ち上がり/立ち下がりエッジ(6ns)でパルスを出力できます。 非常に低い周波数(1Hz 未満)の下 ◆ パルス幅は、低周波下で12nsに最小化することができ、非常に低いデューティサイクルで ◆ パルスのパラメータは、波形データを更新することなく、簡単かつ迅速に変更することができます ◆ パルスエッジまたは幅を広く調整することができます 用途: ◆ ICテスト ◆ センサーのシミュレート ◆ 環境信号のシミュレート ◆ 電気回路機能テスト ◆ 教育・研修

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Siglent Technologies Co., Ltdの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。