クロック発生器 BA series

クロック発生器
クロック発生器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

詳細

- ペースの配置 圧縮空気は穿孔器および出版物の用具のために右の時にそして精密なポイントで利用できる、例えばべきである。各々の打つか、または押す動きは用具から取除かれなければならない外国の粒子を発生させる。 それがいかに働くか: 機械のIndepent、1は0.1のそして10秒の間に休止およびパルス時間を置くことができる。休止の時間(遅れ)は上部制御、より低い制御を用いるパルス時間(送風時間)と置くことができる。 その方法は管理された、経済的な方法で圧縮空気使用される。トグル スイッチは制御の微調整に1 sと10 sまたは0.1 sと1つのs間の時間枠を選ぶことを割り当てる去った。自動打撃の単位に専有クロック発振器がある(=自動)。但し、また収容の底で外的に接続することができる誘導スイッチでマシン サイクル率を要求できる(適した誘導スイッチ+ケーブル–テーブルを見なさい)。 大きい3/8"の圧力弁は開き強い空気送風を可能にする。 弁を含むオーダー コード:BA/01.

---

Sommer-Technikのその他の関連商品

Fluid Technology

関連サーチ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。