サイクルカウンター ZS series
液体用携帯型自動

サイクルカウンター
サイクルカウンター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
サイクル
応用
液体用
その他の特徴
携帯型, 自動

詳細

スタンピングやプラスチック押出などの自動製造では、工具の自動潤滑が不可欠です。 ここでは、潤滑剤の流入を時間または周期的に制御するカウンターユニットをお勧めします。 仕組み: カウンターユニットはブローユニットの拡張として機能します。 カウンター(写真参照)が装備されており、サイクルシーケンスを1から99まで調整できます。 非接触誘導型スイッチ(別途注文してください-下記参照)は、ストロークの動きまたは機械サイクルをカウンターユニットに報告します。 カウンターユニットが19にプリセットされている場合、圧力レギュレータバルブは圧力バルブを開き、誘導スイッチが19 回作動した後に噴霧プロセスを開始します。 噴霧プロセスは、プリセットされた作業サイクルの開始時または終了時(例えば、押し出しプラスチック部品をダイから取り外した場合)にトリガーできます。 自動ブロワーユニットと同様に、コントローラの隣にある2つのスイッチで一時停止とインパルス時間を調整できます。 したがって、噴霧の開始および持続時間は可変である。 噴霧プロセス中、レギュレータバルブが開いている。 アトマイザーはバルブに接続することができます(リクエストに応じて)。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Sommer-Technikの全カタログを見る

Sommer-Technikのその他の関連商品

Fluid Technology

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。