光学発光分光器 GREEN
ICP-OES食品産業用製薬産業用

光学発光分光器
光学発光分光器
光学発光分光器
光学発光分光器
光学発光分光器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
光学発光, ICP-OES
分野
分析用, 研究室用, 環境産業用, プロセス, 産業用, 食品分析用, 水中オイル存在性, 測定用, 食品産業用, 生産用, 製薬産業用, 化学用, 石油化学工業用, 高速, 分光学用, 燃料用, 石油産業用, 光学機器用
検出器の特徴
CCD
その他の特徴
高解像度, 高感度, 高精度

詳細

誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-OES)のSPECTROGREENには、革新的なデュアルサイドオンインターフェース(DSOI)、ツインインターフェース(TI)、サイドオンプラズマ(SOP)の3つのバージョンがあります。 製品概要 従来のラジアルプラズマビュー方式の装置と比較して、2倍の感度を実現する革新的なデュアルサイドオンインターフェース(DSOI)技術を採用 微量元素に対して最高の感度を持ち、マトリクスの干渉を受けず、厳しい環境下でも高精度な測定を可能にした。 新開発のGigEリードアウトシステムにより、100ms以下でのスペクトル転送が可能となり、分析速度の向上、サンプル間の時間短縮、1時間あたりのサンプル数の増加を実現 外部冷却を必要としないLDMOSジェネレータにより、困難なサンプルマトリクスを低希釈で分析し、検出限界を下げることが可能 SPECTROの新しいDSOI技術は、プラズマビューの設計という重要な問題に対する全く新しいアプローチであり、新しいダイレクトラジアルビュー技術によって観測される垂直プラズマトーチを使用しています。2つの光学インターフェイスは、プラズマの両側から放射された光を1つの余分な反射だけで捉え、感度を向上させ、新しい垂直トーチデュアルビューモデルの問題を解消しました。その結果、DSOIは従来のラジアルシステムの2倍の感度を実現しながらも、垂直デュアルビューモデルの複雑さ、欠点、コストを回避しています。 ツインインターフェースモデルは、軸方向と半径方向のプラズマビューを自動的に組み合わせ、プラズマ全体と端から端までを見渡すことで、感度、リニアリティ、ダイナミックレンジを最適化するとともに、EIEなどのマトリックス効果を回避します。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

SPECTRO Analytical Instrumentsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。