パルス発電機 DG535
遅れデジタル

パルス発電機
パルス発電機
パルス発電機
パルス発電機
パルス発電機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
パルス, 遅れ
オプションと付属品
デジタル

詳細

DG535 デジタルディレイジェネレータ DG535デジタル遅延・パルス発生器は、正確なタイミングでの4つの論理トランジションまたは2つの独立したパルス出力を提供します。全チャネルの遅延分解能は5psで、チャネル間のジッタは通常50psです。フロントパネルのBNC出力は,TTL,ECL,NIM,または可変レベル(-3〜+4V)のパルスを50Ωまたはハイインピーダンス負荷に出力します。DG535は、高精度、低ジッタ、広い遅延範囲により、レーザータイミングシステム、自動テスト、精密パルスアプリケーションに最適です。 遅延出力 遅延出力は4チャネルあります。A、B、C、Dの4つの遅延出力チャンネルがあり、これらの出力の論理的な遷移は、内部または外部のトリガから最大1000秒、5ps単位で遅延させることができます。タイミングサイクルの開始を示すT0パルスは,トリガ信号によって生成されます。外部トリガからT0パルスまでの挿入遅延時間は約85nsです。 各チャンネルの遅延は、T0や他の遅延チャンネルに "リンク "することができます。例えば,4つのチャンネルの遅延を次のように指定することができる。 A = T0 + 0.00125000 B = A + 0.00000005 c = t0 + 0.10000000 d = c + 0.00100000

---

Stanford Research Systemsのその他の関連商品

Scientific Instruments

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。