DC電流源 DC205

DC電流源
DC電流源
DC電流源
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

特性
DC

詳細

DC205低ノイズ、高分解能DC電圧源は、高精度バイアス源が必要な場合に最適なツールです。 バイポーラ、4象限出力は、1µVの分解能で最大100V、最大50mAの電流を供給します。 4線モード(リモートセンス)では、リード抵抗を補正し、負荷に正確な電位を提供します。 DC205の出力安定性は、24時間にわたって顕著な±1ppmです。 リニア電源により、高周波ノイズを心配する必要はありません。 DC205低ノイズ、高分解能DC電圧源は、高精度バイアス源が必要な場合に最適なツールです。 バイポーラ、4象限出力は、1µVの分解能で最大100V、最大50mAの電流を供給します。 4線モード(リモートセンス)では、リード抵抗を補正し、負荷に正確な電位を提供します。 DC205の出力安定性は、24時間にわたって顕著な±1ppmです。 リニア電源により、高周波ノイズを心配する必要はありません。 真の6桁 の分解能 DC205の前面パネルディスプレイにより、真の6桁の分解能で電圧を設定できます。 ±1V、±10V、±100Vの3つの電圧範囲から選択できます。これにより、1μV~100Vの電圧設定が可能です。 低ノイズ設計 DC205は優れたノイズ特性を備えています。1Vの範囲では、rmsノイズは1μV(0.1Hz~10Hz)未満です。 また、1年間で0.0025%まで正確で、1ppm/℃未満の仕様で優れた温度安定性を持ち、スイッチング電源ではなくリニア電源を備えているため、スイッチング周波数干渉は決して問題になりません。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Stanford Research Systemsの全カタログを見る

Stanford Research Systemsのその他の関連商品

Scientific Instruments

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。